さいたま市立川通中学校

校長あいさつ

校長  矢部 尚

 

 本校は、昭和22年に川通村立川通中学校として川通小学校の中に併設という形で創設、昭和27年に現在の地に移り、昭和29年に市制施行に伴い、岩槻市立川通中学校となりました。その後、平成17年にさいたま市との合併により、さいたま市立川通中学校となり、平成28年には特別支援学級が設置されました。

本校の教育活動は、校訓である「夢を実現」の下、「向学・自立・協働」という学校目標をたて、教育活動を推進しております。この校訓は、「未来を生き抜く子どもたちに生きる力をはぐくんでほしい」という保護者、地域、職員の願いからつくられたものであると思います。また、本校では、生徒自らがつくった「一生懸命はかっこいい」というスローガンを生徒自身が代々引き継ぎ、学校行事、部活動等に情熱をもって臨み、すべての活動に生き生きと取り組んでおります。

平成29年度は、「夢をもち、社会を生き抜く力を身につける生徒の育成」を学校経営の基本方針として、生徒一人ひとりの夢の実現に向けて確かな力をはぐくむことができるよう、職員が一丸となって教育活動の質的な充実に取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

トップページへ
トップページへ